Q AND A

Question

Answer

税務調査の結果、計算ミスや記入間違いがあると判断されると、調査官は納税者に修正申告を勧めてきます。
納得できるものであれば、当然修正申告に応じますが、納得できないときには、修正申告に応じない方法もあります。
もし調査結果に納得できない場合は、裁判を覚悟で税務署と闘うサポートもしております。
修正申告書の提出は、異議申立ての権利を自ら放棄することですから、修正申告に応じるときは、充分に 検討した上で応じることです。